• ノイバウェディングについて
  • メニュー&料金
  • ご利用の流れ
  • サロン&アクセス
  • トピックス
  • お客様との思い出

top » ニュース&トピックス » お客様レポート » M家、G家結納の儀

2009/03/02お客様レポート

M家、G家結納の儀

先日、M家、G家の結納の儀にゲストとしてお伺いさせて頂きました♪ 4月に結婚パーティのお手伝いをさせて頂くお2人です。明るくて前向きで大好きなお2人♪見習うところがたくさんあります。 ホテルやレストランで簡易的にされる事が多いこのご時世、今回は新婦さんのご自宅で行われるとお聞きし、「行きたい!!是非参加させて!!」とずうずうしくも参列させていただきました♪わたくし、人の幸せの場所にはどこへでも参ります!! 場所は読谷村、楚辺地区。地図片手に向かいました。 結納開始の30分前には地区には着いたものの、家を探せず、ぐるぐる。。。 ご本人に連絡もできず、迷宮入りかと思ったときに。。。沖縄の農作業服の定番’迷彩服’を着たおじさん発見! 「すみませ~ん、楚辺2○○3番地に行きたいんですけど、どう行けばいいんでしょうか?」 「2○○3番地い!?番地言われても分からないな~。誰のうちに行きたいの?」 「あ、Gさんのおうちです」 「あ~、はっさ~、モーセーさんのおうちね(笑)あそこの墓をまっずぐ行きなさい。着くよ」 「ありがとうございました~」 あまりにも気軽な返答に一瞬不安を感じましたが、おじさんのおっしゃった通り、2分でG家に到着。感謝!! それにしても番地を言うより、人の名前を言ったほうがスムーズという土地柄ってステキ! 久しぶりに田舎体験ができてテンションもアップ! 三味線の音色とかわいい歌声と共に結納はおごそかに始まりました。 結納の品と、杯を互いにかわしあいながらとどこおりなく進んで行き、 最後に新郎から新婦への婚約指輪「金細工(かんぜーく)またよし」の琉球房指輪をプレゼント。 http://kana-miyako.com/art-matayoshi.html 私、又吉健次郎さんのこと、今まで全く知りませんでしたが指輪を見ると感動!!沖縄に銀細工の伝統があったなんて。幸せになって欲しいという想いが一つ一つのパーツに込められていてすっごくステキな指輪でした!! 次の日、新婦さんはネックレスにしていましたよ♪アーティスティックな感じに。それも良かった! 沖縄の文化や歴史を重んじる2人にぴったりの指輪だと思います。 式が終わり、ホッとした表情のお2人。さあ、歓談の時間です。 ご馳走が出てまいりました。お母さんが何日もかけて作った料理、とても美味しかったし、想いがこもっていました。なかなかできませんよね!このお母さん、母の鏡のような方。お話させていただきましたが同じ母としてすごく尊敬しました。どっしりしてて暖かくて・・・こんなお母さんになりたいな♪ ご家族と一緒にすわらさせてもらい(恐縮です)くわっち~を頂きました。好物のでんがく~も(金武町のターウム!豪華!)美味しかったな♪ 新婦のおじさんの軽快なトークで和やかになってきたところで新婦のお父様からあいさつ 見た目怖そうなお父さん(実際怖かったらしい(笑))ですが、娘に対する愛情をすごく深く感じられます。娘3人に囲まれた生活だったとの事。みんなお父さんを尊敬し、一緒にマラソンに出場したりといつも娘たちと仲良しだったようです。理想の関係ですよね。一番最後の娘を嫁に出すお父さん。お酒はいつもより多めだったんではないでしょうか!? 次に新郎のお父様からも お父様。最後の新婦のあいさつにずっと涙していました。とてもやさしい方なんですね。今回はあまりお話できませんでしたが、新郎君と話すとご両親のやさしさが伝わってきます。 次に新婦の姉妹のご家族のあいさつ このご家族、結束が強い!とても仲良しなんです♪みんなで新婦さんを応援している雰囲気がすごく感じられます。 そして最後に新郎新婦から、お礼のあいさつ 新婦は・・・・声になりません 「今まで自分の好きなように生きてて一つとして型にはめようとしなかったお父さん、お母さん。そしていつも守ってくれていたお姉さん達。この家に生まれて本当に良かった・・・」 前日「泣かないもん」と言っていた彼女。 でも泣いていたのは新婦さんだけではなくお姉さん達も周りも、お父さんも・・・ 感動の時間でした。。。。 やっぱり家でやる結納っていいな~。。。 今回体験して、家での結納って家庭訪問みたいなものだな~(変なたとえ!?)って思いました。 どうしてこんな素直でみんなに愛される新婦さんなのかが家に来たらすぐ分かったんです。本当に♪ 最後は幸せの記念撮影でハート お幸せに!! 4月の結婚パーティもスピードを上げて行きます!そちらの報告もお楽しみに♪

トップへ