• ノイバウェディングについて
  • メニュー&料金
  • ご利用の流れ
  • サロン&アクセス
  • トピックス
  • お客様との思い出

top » ニュース&トピックス » お知らせ » 第1回ひまわりばたけのけっこんしき♪

2011/12/19お知らせ

第1回ひまわりばたけのけっこんしき♪

2012年2月4日(土)午後2時~ ひまわりはたけの結婚式が沖縄県北中城村ひまわりIN北中城で行われます。(北中城中学校裏) 今年は40万本! 農家さんの高齢化で放棄地になってしまった畑に土壌改良用としてひまわりを植えた事がこのお祭りのスタート。 来場者も1年目に1万人。2年目には3万人・・・と地主の予想を上回る事に驚き、祭りとして立ち上げ、近くの農家さんの野菜や女性部のお惣菜などを販売。村の活性化にも貢献しています。 だって冬のひまわり、それも那覇から車で30分の立地♪ 施設のおばあちゃんたちのちょっとしたドライブや、デートコース♪休日のファミリーと幅広い方たちがひまわりから元気をもらいにいらっしゃいます。その姿はとても楽しそう(*^_^*)ひまわりの幸せパワーを感じます。 夏は東日本大震災の被災地の土壌改良用としても使われたというひまわり。 色々な想い、期待がこめられた花ですね。 2年前、NOIVAとお付き合いのある、フォトグラファー仲田さんが「そういえば夏の畑はどうなってるんだろう・・・?」と畑を見に来てたまたまそこにいた地主の比嘉さんと会ったのが始まり。 (当日は雨で全身泥でぐっちゃぐちゃ♪) 「ひまわり祭りで結婚式をやりたいんだが、出来る人いないかね~」という事で私に話しが回ってきました。 最初の話の時点で「ボランティアでやりたい」というのが私の気持ちでした。 ひまわり畑の中で一組限定で人を喜ばせたいという気持ちだけで結婚式を挙げるというイメージが浮かんできたからです。 私の理想のブライダルのイメージでしたピカピカ 日ごろ色んな利害関係で生きている私達。一年に1回はその事を忘れ、誰かの為、そして普段お世話になっている地域の為に一生懸命。それも自分が得意とする分野で貢献できたら幸せと思ってくれる方がいるのではないだろうか・・・。 このお祭りは唯一のお祭りでありながら北中城村から予算が一切おりません。すべて会場に来ている方からの募金かお野菜や惣菜を売って出た収益からの募金で種代などなんとか捻出している状態です(今年も・・・涙) お金がない状態でこんな事やって大丈夫かな・・・とこんなワガママを実行委員会の方は了承して頂きました。 ボランティアの方は司会や進行、音響、ビデオ撮影、ひまわりウエディングのテーマの絵、入場の歌、花の刈り込み、ひまわりをたくさん使った会場設営と、とても寒い中、自分のできる事を精一杯やって頂きました。 地域の方からも前日までの打合せ、当日雨対策、駐車場整備など沢山バックアップして頂きました。 お金がないのでそこにあるもの(プレハブの柱とか、網をもらって組んだり、テント借りて張ったり)と知恵をしぼりながら(笑)とても勉強になった日でした。 左は新郎さま♪ 募集を開始したところ、初めての事で告知不足もあり、なかなか集まりませんでした・・・ そんなときに「ぜひひまわり畑の中で結婚式がしたい!」と元気良く丁寧に情熱的にお電話頂いた新郎様。 お2人は(前回も書きましたが)宮古島赴任時代、知り合いがいない中での子育てで疲れきっていた時、冬のひまわり畑を見てすごく感動し、その後から夫婦協力して辛い時期を乗り切ったというひまわりに対して思い入れがあるご夫婦でした。 お話しを聞いて感動!お2人にお願いする事になりました。 当初は昔から乗馬の村として知られる北中城ポニーに乗って入場しようと企画していました。ただで借りれると聞いて行ったら暴れポニーで新郎も新婦も私も何度も落とされた~!・・・新婦サマ無理させてごめ~ん! それから新郎様は前日雨の中ひまわりの刈り取り作業、当日はひまわりオブジェを作り歌のプレゼント、忙しい中お子様と一緒にサプライズを用意してくれたりと大忙し。奧さまはひまわりの種の引出物を100個作るのを頑張って頂きました。 お2人はただ結婚式を挙げるのではなくその時を自分達のモノにしようと地域に溶け込み、一生懸命頑張ってくれました。 結果。皆の心がこもった暖かい結婚式になりました。 今年はどんなメンバーでどんな結婚式がひまわり畑の中で行われるんだろう・・・楽しみですハート よつばよつばよつば ひまわりばたけのけっこんしき 新郎新婦募集要項 http://noiva.ti-da.net/e3704957.html NOIVA ブログTOP http://noiva.ti-da.net/

トップへ